だいありぃ兼報告書。
見に来てくれてありがとう。此処は御琴が生きたキセキ。
■花火をあげよう。
LIGHT UP NIPPON
■かれんだぁ。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ぐりむす。

■御琴のこと。

御琴

Author:御琴
居:東京市
生:4月16日
血:AB+
食:米・麺・明太子
好:リラックマ(非売品)

■過去ろぐ。

2017/08 (2)

2017/07 (6)

2017/06 (9)

2017/05 (8)

2017/04 (15)

2017/03 (16)

2017/02 (8)

2017/01 (4)

2016/12 (14)

2016/11 (11)

2016/10 (6)

2016/09 (11)

2016/08 (9)

2016/07 (22)

2016/06 (10)

2016/05 (10)

2016/04 (15)

2016/03 (6)

2016/02 (11)

2016/01 (12)

2015/12 (17)

2015/11 (15)

2015/10 (18)

2015/09 (11)

2015/08 (16)

2015/07 (12)

2015/06 (9)

2015/05 (14)

2015/04 (19)

2015/03 (13)

2015/02 (6)

2015/01 (9)

2014/12 (3)

2014/11 (6)

2014/10 (8)

2014/09 (8)

2014/08 (6)

2014/07 (18)

2014/06 (12)

2014/05 (12)

2014/04 (11)

2014/03 (14)

2014/02 (8)

2014/01 (8)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (20)

2013/09 (32)

2013/08 (30)

2013/07 (18)

2013/06 (8)

2013/05 (9)

2013/04 (9)

2013/03 (14)

2013/02 (11)

2013/01 (14)

2012/12 (22)

2012/11 (20)

2012/10 (14)

2012/09 (12)

2012/08 (25)

2012/07 (24)

2012/06 (18)

2012/05 (24)

2012/04 (22)

2012/03 (18)

2012/02 (21)

2012/01 (20)

2011/12 (22)

2011/11 (19)

2011/10 (15)

2011/09 (15)

2011/08 (7)

2011/07 (12)

2011/06 (9)

2011/05 (11)

2011/04 (24)

2011/03 (31)

2011/02 (26)

2011/01 (16)

2010/12 (22)

2010/11 (28)

2010/10 (13)

2010/09 (16)

2010/08 (13)

2010/07 (8)

2010/06 (16)

2010/05 (14)

2010/04 (20)

2010/03 (16)

2010/02 (17)

2010/01 (27)

2009/12 (22)

2009/11 (28)

2009/10 (25)

2009/09 (20)

2009/08 (30)

2009/07 (37)

2009/06 (45)

2009/05 (39)

2009/04 (49)

2009/03 (40)

2009/02 (17)

2009/01 (16)

2008/12 (15)

2008/11 (15)

2008/10 (14)

2008/09 (10)

2008/08 (5)

2008/07 (2)

2008/06 (3)

2008/05 (4)

2008/04 (4)

2008/03 (3)

2008/02 (1)

2008/01 (4)

2007/12 (7)

2007/11 (6)

2007/10 (8)

2007/09 (4)

2007/08 (12)

2007/07 (7)

2007/06 (13)

2007/05 (10)

2007/04 (11)

2007/03 (18)

2007/02 (19)

2007/01 (24)

2006/12 (27)

2006/11 (21)

2006/10 (35)

2006/09 (23)

2006/08 (30)

2006/07 (50)

2006/06 (46)

2006/05 (70)

2006/04 (20)

2006/03 (30)

2006/02 (25)

2006/01 (17)

2005/12 (7)

2005/11 (8)

2005/10 (14)

2005/09 (40)

2005/08 (27)

2005/07 (18)

2005/06 (33)

2005/05 (13)

2005/04 (10)

2005/03 (48)

2005/02 (70)

2005/01 (71)

2004/12 (47)

2004/11 (48)


■りんく。
■ぶろぐ内検索。
■RSSフィード
2017/03/23//Thu.
距離。
いかにして離れるか、それが重要だ。コメントを頂いて身にしみる思いです。

現在は親とは物理的な距離が取れています。
ですがそれは現在であって、通年ではありません。恒例の実家・義実家参りというイベントが毎年あります。
これでも、実家の方は年に一度に減らすことに成功しています。
ちなみに毎年数回有る義実家参りを私が避けたい理由はいくつかありますが、なによりも「そちらの実家には行かなくていいの?」と善意からのお言葉を毎回賜り、それにきちんと応えられないのが嫌なのです。

「行かなくていいです行きたくないんです」と、言ってしまったら義実家の皆様にも嫌われると思うと恐ろしいです。

私の実家と義実家は同じ都道府県どころか同じ市町村ですので、義実家に顔を出せるということは実家にも当然行けるという状況です。それこそが最大の壁だと思っています。壁の先が見えないです。巨人の壁並に硬くて穴があきませんw
うちに来たなら、あちらの実家にも行くのが当然でしょ?だって近いんだから行けるじゃない!
というのは、普通の人なら普通に考えることです。

旦那様への説得は何度も試み、もともとは長期連休度に行っていた義実家+実家というお参りを正月だけに減らすところまではこぎつけたのです。当然義実家には正月以外にもご挨拶に伺っています。
説得したはずの旦那様でさえ、「どんなに嫌ってるからって正月くらいは実家に顔出すもんでしょ?」という真っ当な考えをお持ちですので、これ以上実家へ行かないという選択ができそうに無いのが現状です。

ちょっと叫んでみよう
な ぜ ベ ス ト を 尽 く さ な い の か !

もっと旦那様を説得するべきですかね。もう義実家にもぶっちゃけるべきですかね。
そんな感じで頭を使ってみた結果生まれたのが、500万返済して二度と会わない言質計画です。

上:500万では足りないという言質=それをそのまま義実家に聞かせればOK
中:500万で満足して二度と来なくていいという言質=OK
下:500万を受け取らず二度と来るなという言質=それでもOK

500万用意できれば、失敗するルートが見えません。とにかくどのルートでも煽ればいいんですから。
受け取りを渋るなら「これを受け取らなかろうが返済の義務は果たしましたし、もう二度と会わないし返済も以降ありませんがそれでいいですね?」と煽ればいいだけの話です。
下のルートは一番あり得ないかな。絶対受け取る。まあ受け取ろうがどっちでもその事実に意味は無いんですけどね。
一番心配なのはボイレコ不発ということなので、お金がたまるまでの間にボイレコの吟味もやっておかないと。

これを執り行うことについては旦那様に相談・報告してあります。「修羅場だなあー」というぬるい返事を頂きましたwww
そもそも私の中では実家に関わること自体が修羅場なんですがそれは考慮して頂けないのですかね!
しかも、「そのためのケチケチモードが始まると旅行にいけなくなるからやだなー」という意見を頂きました。
わかったよ旅行にはお金をかけつつお金貯めろって事な!ヽ(`Д´)ノウワァァァン

誤解の無いように弁明しますと、生活費から500万出すわけではないです。結婚前の貯金と現在の私のバイト代から出します。現在の私のバイト代も共有財産ですから、旦那様に許可を貰うために報告したという経緯です。
現在の私のバイト代から貯金を増やしたい=現在の私のバイト代から捻出できる旅行代が減る=「旅行に行けない発言」
これで扶養は外れちゃダメだって言うんだから凄いと思うんです。

今回500万計画を急ごうとしている理由は、父方の祖母の寿命を考えてのことです。特に病気なわけではありませんが高齢ですので。
祖母が亡くなるといろいろ面倒なことに巻き込まれそうなので、それまでに免罪符(ボイレコ言質)を手に入れておきたいという浅ましい考えを私はしています。
私のことを散々馬鹿にしていた祖母のことですから、私なんて葬式に行く必要も無いでしょう。
嫁も女孫も同列で、「息子を奪った憎い女!」というオーラを出していた祖母が亡くなろうと私は泣きません。

*****

良かったこと_〆(゜▽゜*)

・500万計画の輪郭がはっきりした
・目標が定まった
スポンサーサイト

>> 2017/03/27 13:46
>鍵コメ様
ありがとうございます。
覚悟を決めて話せる時がいつかくるかもしれませんです。
そもそもあちら方とは私的な対話をしたことがあまり無いようなものなので、本当はそこから頑張らないといけないと思っています。
>> 2017/03/24 00:29
このコメントは管理人のみ閲覧できます








ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 だいありぃ兼報告書。 all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//